グライバルがクレジットカード決済に対応?公式サイトやアフィリエイトサイトの真相を暴く!

2019年4月3日から4月4日の間にかけて、グライバルの公式サイトにおいて一部デザインの変更などが入ったようです。

それに伴い、クレジットカード決済にも対応したようです。

当サイトではグライバルはクレジットカード決済がないから社会的信用がないとし、そのような会社が出している商品を買うのはおすすめできないとしていました。
しかし、クレジットカード決済に対応したのならその点は調査を行い、再び評価をし直さなければなりません。

このページではリニューアルされたグライバルの公式サイトや公式風アフィリエイトサイトを調べるとともに、クレジットカード決済についても言及し、再評価していきます。

グライバルの公式サイトは2つある

2019年4月3日から4日にかけて公式サイトのデザインが変わりました。
しかし、以前のデザインの公式サイトにもアクセスが可能です。
つまり、現在グライバルの公式サイトは2つあるということです。

今までのグライバル公式サイト

まずは今までのデザインの公式サイトについて簡単に説明します。
このサイトのことを初期公式サイトと呼ぶことにします。
この初期公式サイトにアクセスする方法はたくさんあります。
基本的にグライバルのアフィリエイトサイトからのリンクはこのページに飛ぶようです。


このように多くのグライバルのアフィリエイトサイトに貼られているリンクからは初期公式サイトへと繋がります。

新しいグライバル公式サイト

それでは、リニューアルした新しいデザインの公式サイトについて解説します。
このリニューアルした新しいデザインのサイトをリニューアルサイトと呼ぶことにします。
リニューアルサイトへは限られた方法でしかアクセスできないようです。

その方法とは、とあるペニス増大サプリを紹介しているサイトからグライバルの公式風アフィリエイトサイトへアクセスし、そこのアフィリエイトリンクからのみいけるというかなり限られた方法です。


上記手順を踏まなければリニューアルサイトへは飛べません。

そしてこのリニューアルサイトではクレジットカード決済が導入されているようでした。

グライバルがクレジットカード決済に対応は厳密にいうと嘘

グライバルのリニューアルサイトのよくある質問のひとつにこんな内容が追加されました。

Q.クレジットカードは使えますか?
A.はい、ご使用いただけます。
商品配達時の代金引き換えでのお支払いには、現金の他、各種クレジットカードもご利用になれます。

これは初期公式サイトにはなかった質問です。
このような内容が追加されていたので決済方法を調べてみると失笑してしまう決済方法が追加されていました。
それはPayPal決済でした。

PayPal決済とは海外通販を利用される方などはご存知かと思いますが、聞いたことはあるけどよく知らないという方に簡単に説明します。

1998年頃にアメリカの電子決済会社PayPalがスタートさせたオンライン決済サービスです。
PayPalのアカウントを作り、そこにクレジットカードの情報を登録することでPayPal決済を利用することが可能になります。
実際にPayPal決済はいろいろな通販サイトにも導入されており素晴らしいサービスです。

しかし、グライバルに導入されているPayPal決済は褒められたものではありません。

グライバルのPayPal決済はビジネスアカウントではなく個人アカウントを利用したもの

PayPal決済を導入している一般的な通販サイトはPayPalのビジネスアカウントを利用しています。
そのためPayPalの個人アカウントを持っている購入者がサイト上で決済方法としてPayPal決済を選択しPayPalにログインすれば簡単に決済が完了します。
スマホなら数タップ、パソコンなら数クリックで決済が完了します。
使ってみればわかりますがとても簡単です。

しかし、グライバルのリニューアルサイトのお支払い方法には次のような文言が添えられていました。
『PayPal(クレジットカード)決済をご希望のお客様は、翌営業日にPayPalの請求書をメールでお送り致します。
メールのリンクから PayPalにログインして頂き、お支払いをお願い致します。』

グライバルの場合はいちいち請求書がメールで送られてきて、そのメールのリンクから支払わなければいけない。
どういうことでしょうか。
とても簡単なはずのPayPal決済で、どうしてこのような手順を踏まなければならないのでしょうか。

これはPayPalの個人アカウントについて調べると謎がとけます。

PayPalの個人アカウントからビジネスアカウントへの決済は簡単ですが、個人アカウントから個人アカウントへお金を支払うのは簡単に行えないようになっています。
個人アカウント同士でお金のやりとりをする場合は、お金を貰う側の人(売り手)お金を支払う側の人(買い手)お金を請求しそれに応える形でしか支払えません。
送金リクエストという機能です。

この返金リクエストの方法とグライバルのPayPal決済の方法が同じ、というところが大事です。

そうです。
グライバルが利用しているのはビジネスアカウントではなく個人アカウントということです。

PayPalのビジネスアカウントを取得するには審査があります。
この審査の厳しさは情報があまりなかったのでわかりませんが、それなりに厳しいと思われます。
といっても普通の会社であれば通る程度のものだと思いますが。
しかしグライバルはその審査を通っていないということです。
だからサイト上で簡単に決済を完了できず、いちいち請求書という名の送金リクエストを利用した支払い方法を取るしかないんですね。

意気揚々とクレジットカード決済を導入したつもりなんでしょうが、逆にさらにグライバルを販売しているセクシャルラボが社会的信用のない会社だということがはっきりしてしまいましたね。

グライバルのリニューアルサイトには堂々と嘘が記載されている

グライバルのリニューアルサイトは初期のサイトと比べ大幅にデザインが変わっています。
もちろん書いている中身も違っています。

しかしその中には今までになかった嘘が追加されていました。

日本でしか売っていないのに海外版があるかのような表記


上記の画像はリニューアルサイトの一部です。
PRO SPEC グライバル JAPAN Ver.という文字があります。

このJAPAN Ver.という文字。
何も知らない人が見たら、「グライバルは海外でも販売されていてこれは日本国内向けのグライバルなのか」と思うことでしょう。

しかし待って下さい。
グライバルは日本国内でしか販売されていません。
そもそも海外版なんてありません。
日本版しかありません。

それなのにも関わらず、何も知らない消費者を騙そうとJAPAN Ver.と表記をわざと入れているのだとしたら虫唾が走ります。

嘘をついているのか、それとも計算ができないのか。90倍、270倍の表記


上記もグライバルのリニューアルサイトの一部です。
ここには1錠タイプのペニス増大サプリと比較すると3錠タイプのグライバルは1ヶ月で90倍、3ヶ月で270倍の成分摂取量となると記載されています。

1錠タイプのペニス増大サプリの1錠の成分量は平均して約440mgです。
例を挙げるとブラビオンやヴォルスタービヨンドですね。
これらは1日3粒程度摂取するのが1錠タイプに多いです。
なので1日だいたい約1300mg程度の成分摂取量になります。
1ヶ月(30日計算)で約39000mgになる計算です。

グライバルは1錠が285mgです。
これを1日に3錠摂取するわけですね。
つまり、1日の成分摂取量は855mgです。
1ヶ月(30日計算)で25650mgになります。

どこが90倍なんでしょうか?
計算ができないのでしょうか?
それとも我々を騙そうとしているのでしょうか?
計算をすれば一発でわかることなんですが。

このような汚い手段を使っているなんて、怒りを通り越して呆れてしまいます。

大事なことは嘘をつかないこと。そして、社会的な信用を得ている会社かどうかということです

クレジットカード決済も導入できない。
PayPalのビジネスアカウントの審査も通過できない。
公式サイトでは消費者を騙そうとする言葉だらけ。

苦肉の策としてPayPalの個人アカウントを導入してクレジットカード決済に対応しているようですが、大事なのはクレジットカード決済ができるかどうかではありません。

嘘をつかない、社会的信用をしっかりと得ている会社なのかどうか、です。

リニューアルされたサイトを見ても、新しく導入された決済方法を見ても、まったく社会的信用を得ている会社だとは思えません。

この記事を見ているであろうグライバルの中の人も、本当にグライバルという商品に自信があり世の中の悩める男性を救いたいと思っているのであれば、消費者に対して真摯な方法でやっていただきたいと思います。

そして、グライバルを買おうか悩んでいる人はこのような酷いやり方をしている会社の商品を買わないよう気をつけて下さい。

怪しいペニス増大サプリを買わない方法はあるの?

どれを選べばいいのか迷ったら
人気増大サプリ比較ナイトでは人気のペニス増大サプリを比較してランキング付けしています!ペニス増大サプリ選びに迷った際にはぜひ一度チェックしてみてください!